青色事業専従者給与をうまく活用しよう!

長かったようで短かったゴールデンウィークにまだまだ浸っていたいですが、切り替えて仕事や勉強に励んでいきたいと思います!


さて、今回も青色申告書を提出する方が使えるお得な制度について書いていきたいと思います。


今日のテーマは「青色事業専従者給与」です。

青色事業専従者給与の概要

青色事業専従者給与のメリットを簡単に言えば、

”家族に払う給料を経費にできる”ことです。

制度を活用する際に注意点や要件もありますので細かく説明していきたいと思います。

概要

事業に従事している家族に対して給与を支払う場合のその支払った金額を、必要経費とすることができます。

本来家族に支払う給与はどうとでも操作できてしまうため、経費とすることが認められませんが、国税庁が特別な取り扱いとして経費にすることを認めています。

初めてこの制度を知ったとき、私は「家族に給与支払って経費にできるなんて最高じゃん…」と思いました!

ただ、世の中そんなうまい話ばかりではなかったです…

もし専従者として給与を受けとってしまったら、控除対象配偶者や扶養親族にはなれないとされています。

対象者

”青色事業”専従者給与というだけあって、青色申告書を提出している個人事業主が対象です。

控除を受ける方法

青色事業専従者給与の控除を受けたい場合には、「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署に提出する必要があります。

届出書には、青色事業専従者の氏名、職務の内容、給与の金額、支給額などを記載することとなっています。


提出期限は

”青色事業専従者給与額を経費にしようとする年の3月15日”までです。

つまり、令和4年の確定申告の時に青色事業専従者給与の控除を受けたい場合には、令和4年3月15日までに届出書を提出しなければならいということです。

ただし、以下の場合は提出期限が別で定められています。

その年の1月16日以後
〇新たに事業を開始した場合      …その開始した日から2月以内

〇新たに専従者がいることとなった場合 …その日から2月以内


お得な制度を活用するときは大体届出が必要なので、青色事業専従者給与に限らず、届出書の提出期限には注意しましょう!

「青色事業専従者給与に関する届出書」は以下の国税庁のHPからダウンロードできますのでご活用ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/12.htm

要件

青色事業専従者給与として認められるためには以下の3つの要件のすべてに該当する必要があります。


①青色申告者と生活を一にする配偶者、その他の親族であること

②その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること

③青色申告者の営む事業に、その年を通じて6月を超える期間従事していること

 ※一定の場合には、事業に従事できる期間の2分の1を超える期間


また、ほかにも

〇届出書に記載されている方法により記載されている金額の範囲内で支払われたものであること

〇青色事業専従者の額は、労働の対価として相当であると認められる金額であること

などの要件もあります。

もし相当であると認められない金額を支払っている場合には、その過大とされる部分は経費にすることができなくなってしまいますので注意が必要です。

補足事項

源泉徴収義務の発生

この制度は、とっっっってもお得でぜひ活用してほしい制度ですが、手間が増えてしまう部分もあります。


給与を支払うということは、その瞬間に源泉徴収の義務が発生します。
通常、源泉徴収したら、翌月10日までに税務署に納付しなければなりません。

例えば、奥さんにしか給与を支払っていないのであれば、毎月数千円~1万円くらいの納税を行うこととなります。


そんなのめんどくさい!という方は、一定の場合に納税を半年に1回にできる特例がありますので、そちらも併せて活用してみてください。

(今後またブログに書きますのでそちらもチェックをお願いします!!)

変更したくなったら?

「2年前に妻に給与を支払いたくて届出書を出したがいいが、今年からは娘にも給与を支払いたいなあ…」

「妻の負担を増えてきたし以前決めた金額よりもっと給与を増やしたいなあ…」

と思ったら、必ず「青色事業専従者に関する変更届出書」を税務署長に提出してください!

勝手に多く支払ったり、違う人に支払ったりしたらもちろん必要経費とはなりません。

「青色事業専従者給与に関する変更届出書」は以下の国税庁のHPからダウンロードできますのでご活用ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/13.htm

まとめ

青色事業専従者についての理解は深まったでしょうか?

青色申告書を提出すると、煩雑さを孕んでしまう部分はあれど、その分の恩恵はしっかり受けれるなと、ブログを書いたり調べながら思います。


同時に、自動的に恩恵を受けることは少ないため、「今は使わないけどいつか将来使うことがあるかもしれない」と様々な情報を自分の中にストックすることが大切だなと感じます。


知っていて使っていない”と”知らなくて使っていない”では雲泥の差ですからね!


私もまだまだ修行の身ですので、自分も知識をつけながらブログを更新していけたらと思っています。

この記事の投稿者 : 三好 利奈

カテゴリー » 税金

所在地   〒461-0044
      名古屋市東区矢田東2-23 207号室
受付時間  平日 9時~17時 / 休日 土日祝

Usami Kaikei Copyrights © 2019 All Rights Reserved